御朱印をいただく正しい作法と心得!間違っていませんか?

投稿者:

近年主婦はもちろん年齢を問わず社寺参拝が人気になっています。

特に最近では御朱印目的に社寺参拝をする人が増えてきました。

しかし本来の御朱印をいただく意味を理解せずにまるで「スタプラリー」のように御朱集めに全国各地の社寺を参拝する人がいます。

参拝もせずに御朱印目的で来られる人に対して「御朱印はスタンプラリーではありません」といった注意書きを貼り出してあるお寺もあるほどです。

社寺参拝の証でもある「御朱印は元々お寺で写経して奉納した証」としていただけるものでした。

なので、お寺で参拝もせずに御朱印をいただけるものではなかったようです。

御朱印の小筆の字

いただいた御朱印を見てみると黒墨と朱色で小筆の字が書かれています。

お寺の御朱印は真ん中にご尊堂の名前を力強く書かれてあり、右上、中央、左下の三か所に朱印が押されてあります。

また御朱印を押印してもらう冊子は、各自で御朱印専用のものを用意しなければいけません。

最近は御朱印ブームもあって書店などでも動物や花柄などの冊子が売られています。

西国三十三所霊場詣や四国八十八箇所霊場詣や七福神めぐりに代表される複数個所で1セットになる霊場巡りの場合には、専用の朱印帳や用紙、色紙、掛軸などが用意されています。

お寺と神社の御朱印帳

またお寺と神社の御朱印帳は分けて持っていた方がいいようです。

場合によっては「お寺の御朱印長には押せません・・・」と断られた方もいるようです。

それでもほとんどの御朱印は手書きなので一枚として同じものがないので貴重なものです。

書く人の心がこもった一枚なので印刷したお札とは異なります。

御朱印は神様分身とされているのでお守りやお札とは違ったありがたみを感じます。

また御朱印をいただくときは時間や参拝者の状況を配慮してお願いしたいものです。

小さな社寺ではご住職が一人で対応されている場合があるのでお留守の場合があります。

そんな時は時間や日時を確認してみてください。

多くの参拝客が訪れるような社寺では「納経所」が設置してあるところが多いようですが、それでも御朱印はお参りが終わってからいただくものなので、いきなり御朱印だけをもらって帰っては失礼になりますので気をつけましょう。

志納金

志納

さらに御朱印をお願いする時は志納金(しのうきん)を用意しておきます。

一般的に志納金(しのうきん)は300円~500円ほどが多いです。中には2,000円ほどする場合もあります。

その他、「お気持ちでお納めください・・・」と言われる寺社もありますがご本尊とのご縁で納めるものなのでお釣りのないように小銭の準備はしておきたいものです。