転職をする人の年齢は30歳までなのか?

就職活動と同じように、転職活動はとても大切であり大変なことです。
人材会社として知られるパーソルキャリアから、次の調査結果が出ました。
2018年度の上半期で転職できた人達の年齢がおよそ31.6歳だったそうです。
無事に転職できるかどうかは本人の努力もありますが企業努力も必要です。
また、どの職業に就くのかによっても年齢層は違ってきます。
ここでは転職と年齢との関係性と、男性と女性の平均年齢を見ていきます。

転職とは

現在の職場に就いて仕事をしていく中で、充実した毎日を過ごす人達もいます。
しかし、長く働けば働くほど上司や同僚・先輩社員との人間関係に疲れてしまうこともあります。
そのような場合に、別の仕事先を探して就くための活動が転職活動です。
転職活動は、今の職場で仕事を続けながら行うのか或いは辞職してから行うのかの2つがあります。
自分に見合った仕事が見つかるように、転職サイトを利用して活動していくことになります。
一度の転職活動で成功できる人もいれば、何度も繰り返すという人もいます。
どれだけ転職活動をしてきたかによっても、採用されるか否かが左右されてしまうのです。
転職活動はそれだけ重要だと言えるというわけです。

転職成功者の平均年齢

先に挙げた調査結果での内訳は次の通りです。
一番多かったのが25歳から29歳までの39.6%・30歳から34歳が23.3%・40歳以上14.0%でした。
また、35歳から39歳が13・0%・24歳以下で10.3%となっています。
男性と女性とでの平均年齢でも、男性32.4歳・女性29.7歳でした。
職業でも転職が上手くいった人の平均年齢が異なっています。
一番低いものでサービス・販売業で29.9歳・一番高いもので土木・建築業の34.7歳でした。
2つめに管理・企画業の34.5歳・3つめがアシスタント・事務業の33.1歳でした。
パーソルキャリアでは「土木・建築でインフラ老朽化へのニーズが高い」と見ています。

転職と年齢は関係性がない?

ビジネスの世界においてこのところ言われているのが次のような話です。
「早くに仕事を辞めてしまった若者はすぐに再就職しづらい」というものです。
「加齢で転職する事自体が難しい」「30歳が転職のリミットだから20代で転職するべき」とも言われています。
また、2018年上半期に転職できた方にコメントを求めるとこのような回答が出ました。
全体の58.6%もの人が「転職をするのに年齢は不問だ」と答えていたのです。
中でもこうした考えを持つ人のほとんどが技術系・専門職の方でした。
20代という若い年齢の内に就職・転職したくても中々難しい所もあります。
ですが、経験を重ねれば30代・40代でも転職出来る機会もあるのです。

年齢よりも経験年数

パーソルキャリアでは次のような意見を述べています。
「仕事に就く際には専門の資格・経験・知識が必要な事も多々あります」
「ゆえに、積み重ねてきた実力を発揮できたなら年齢に関係なく転職が可能だと考えているのでしょう」
「また、転職しようと思った時にとても大事なのは年齢自体ではないのです」
「今まで仕事をしてきた中で覚えてきた知識・スキル・成果とどれだけ長く経験してきたかというバランス」
転職する時には年齢がネックになるのではないかとどうしても考えてしまいがちです。
ですが、何よりも重視するべきなのは経験年数やそこで得た数多くの知識・スキルなのです。
所有する資格があれば有利ですし、学んできた経験を活かせます。

まとめ

人が毎日の生活をしていくうえで、それぞれの職場で仕事をして収入を得ることはとても重要です。
転職活動は時間もかかりますし、長ければ長いほど大変になってきます。
また、転職するなら30歳がタイムリミットで20代のうちに始めたほうがいいとも言われてきました。
ですが、転職するのに年齢は関係ないので気にしなくても大丈夫なのです。
積み重ねてきた知識と経験・スキルがあればそれをじゅうぶんに発揮することが出来ます。