誰も教えてくれない自動車保険選びのポイント

投稿者:

最近自動車保険が賑やかになっていると思いませんか。

見直しなら今だとか、格安の保険料とか結構気になります。

そして実際、いろいろな新しい保険が登場しています。

自動車保険は当然の事ながら、事故が起きた時にもしもの補償として加入するといった性質があります。

 

ということは、保険のサービスの良し悪しは、ほとんどの部分が実際の事故になってみて、はじめてわかるのですね。

最初の加入の際には、補償時のサービスなどはわかりませんから、結局保険料が安くて加入しやすいところを選んでしまう場合も多いと思います。

 

それにしても、今までの自動車保険は補償やサービスの割には保険料が高すぎといった意見も多いですね。

その上、実際に事故になった場合には、期待していたような補償が受けられなかったり、補償される時でもいろいろと手続きなどが面倒でうんざりしたりといった問題もかなり多いのでは無いでしょうか。

 

保険会社も競争だから、それほど心配しなくてもサービスは平均的だなんて思っていたらとんでもありません。

補償額の高い保険ほど、サービスの良さそうな保険ほど、万が一の大切な時に出し渋りといった心配もあったのです。

そして、保険会社の競争なんてとんでもありません。同じようにユーザーに負担を強いるような慣例が横並びとなっているような風潮さえあったと思います。

 

ところが、最近になって保険の先進国である外資系、欧米型の自動車保険が続々と参入してきました。そして日本のマンネリ化した自動車保険に攻勢をかけてきたのです。それがアクサダイレクトやチューリッヒ自動車保険です。

 

こういった保険の多くは、管理集約型が一般的で、余分な管理費用や人件費などを抑え、日本のような代理店などの慣例をカットしユーザーとの直接契約で行う場合が多いと言えます。

インターネットなどでは、自宅から簡単に申し込み加入できる気軽な自動車保険として、このようなネットで申込ができるダイレクト系自動車保険としてチューリッヒなどが人気があります。

 

気になる保険料なども、独自の算定基準を設け余分な経費を削減した分はすべてユーザーに還元されますので、総じて安くなります。

また、事故が起こった場合の補償もユーザーが直接申告できる事を基本に申請手続き等もシンプルで分かりやすい内容となっているのが普通です。

 

つまり新しい自動車保険は安くてわかりやすくて、補償の際にも簡単という特徴があります。

こうなると、今までの自動車保険は何だったのという方も多いと思います。乗り換えが有利ということが、良くおわかりかと思います。

 

新しい自動車保険は、良い意味で競争も激化しています。

サービス内容は国際的な価値観を基準とし、少しでも安く、そしてユーザーのサービスやサポートはさらに洗練されてくる傾向が見えます。

これからは自動車保険も純粋に選ぶ時代へと突入して行くと考えて良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です