車中泊で使うなら、これ!

投稿者:

車で旅行に出たのはいいけれど、宿泊先が取れない事もあります。
そのような場合は、やむを得ず車中泊をすることになります。
また、朝日を撮影するために車中泊するという方もいるかもしれないです。

このように、車の中で体を休めるという理由は人それぞれです。
しかし、セダンやクーペなどではぐっすり寝れない場合があります。

足を伸ばして眠れず、寝不足になってしまう事もあるのです。
高身長の方でも車中泊できる車が便利です。

セレナ/ニッサン

セレナは3列シートのミニバンです。
1列目・2列目のフルフラットができるようになっています。
また、2列目と3列目もフルフラットにすることができます。

1列目・2列目フルフラットだと、2列目部分の背もたれが平面にはならないです。
普通の休憩をするだけだと問題ないですが、車中泊ではきつくなります。
2列目・3列目をフルフラットへ変えるなら、3列目にあるヘッドレストを外して下さい。

背もたれと座面はきっちりと平面にはならないです。
平面にならないと落ち着かない人はクッションを使ってみて下さい。

7人乗りができるタイプのものは2列目が右と左とで独立しています。
そのため、シートの間に隙間が出来るので気をつけて下さい。

ステップワゴン/ホンダ

ホンダのステップワゴンは2列目・3列目フルフラットができるようになっています。
また、1列目・2列目もフルフラットができます。
1列目・2列目フルフラットをする理由としては次のような感じです。

『荷室の場所を取りつつゆったりとした空間に』したい場合というものです。
睡眠をとるというのを前提にして乗るなら2列目・3列目フルフラットがいいです。
ステップワゴンの背もたれも座面もきっちりと平面にはならないです。

これはセレナと同じですので、クッションを使うと寝やすくなると思います。
2列目シートに関してはセパレートとなっています。

セパレートとは別々になっているという意味です。
それを踏まえたうえで車中泊して下さい。

フルフラットが便利

ヴォクシー・ノア・エスクァイア/トヨタ

トヨタ車のノアと兄弟とされているのがエスクァイアとヴォクシーです。
エスクァイアもヴォクシーも2列目・3列目フルフラットができます。
また、1列目・2列目もフルフラットができるようになっています。

ですが、1列目・2列目フルフラットの場合2列目の背もたれが平面にはならないです。
普通に休憩するくらいが手一杯だと言えます。
もし車中泊をするのなら2列目・3列目フルフラットでしてみてください。

ただ、背もたれも座面も平面にはならないので気をつけて下さい。
これらのどの車を選んだとしても、シートアレンジは同じとなります。

フルフラットは全体的に水平な状態です。
背もたれを倒しスペースを広く取るシートアレンジの事です。

車中泊できる車を求めているなら…

以前のワゴン車はワンボックスタイプと言われるものでした。
それと比較すると、現在使われているミニバンはボンネットがあります。
そのぶん、前面衝突安全性能が大きく高くなりました。

それとは逆に室内の長さは短いものとなっています。
さらに2列目でセミバケットシートのグレードや車種もあります。
そのため、これまでみたいな3列目フルフラットが不可能となりました。

ですが就寝の際にクッションを使えば車中泊はできます。
近頃はマットレスにも車中泊用のものもあるので使ってみてください。

車中泊するのを前提に車を買おうと考えている方もいると思います。
その時は、シートの隙間・背もたれと座面の段差を必ずチェックしておいて下さい。

車中泊できる車は...

まとめ

通常、旅行に行く時は宿泊先を決めておくものです。
車での旅行となった時に宿泊先が決まらない場合もあります。
そんな時にはミニバンで車中泊をするということになります。

或いは、きれいな景色を見るために車中泊を前提として出かける事もあると思います。
1列目・2列目または2列目・3列目がフルフラットできる車のほうが便利です。

ただし休憩するのでいっぱいいっぱいの時もあるので、購入前に確認しておいたほうがいいです。