300円あれば買える?!カルディのおかず

投稿者:

毎晩の夕食の準備は一人分にしろ家族分にしろ何かと大変です。
作ってはみたけど、もう一品加えるのは面倒に感じてしまいます。
そのような場合、開封するだけの総菜なら便利です。

カルディには、コーヒーを始めドレッシングや菓子等があります。
また、メーカー製造の総菜や缶詰とは異なるおかずが売られています。

その中には、300円以内で買えるものもあるのです。
湯煎したり、袋から出してレンジで温めれば簡単に用意できます。

『もへじ 宮崎名産鶏の炭火焼 50g』

カルディで売られている商品には『もへじ』というのがあります。
日本の名産が商品化されているオリジナルブランドです。
『鶏の炭火焼』はそのままでも美味しく食べられます。
5/21まで税込198円、通常価格は税込み216円です。

50gで7個ほどですが、ご飯のおかずにピッタリです。
鶏肉に胡椒と塩・調味料、小さい炭があります。
焼き鳥屋で食べるのと同じ炭火焼の味と香りが楽しめます。

鶏肉料理と聞くと、甘味が添加されている分単品で味わいがちです。
ですが、この商品は甘味がないのでご飯以外に白ワインにも合います。

おかずが足りないなという時に手軽に食べられる密封パックです。
幾つか購入して保存しておくと、とても便利です。

宮崎名産がお手頃価格で食べられる

『もへじ 静岡おでん風煮たまご 45g』

味の付いたうずらの卵なのが『静岡おでん風煮たまご』です。
静岡で食べられているおでんは、甘い味付けだとされています。
ですが、この『静岡おでん風煮たまご』は甘くないです。

おでんの味より、鰹節の魚介粉末のほうが強いです。
45gの258円で、6個ほどのうずらの卵が入っています。

味の付いたうずらの卵は燻製がほとんどです。
ですが、燻製のものよりも白いご飯に合います。
6個だけでは足りないので煮物料理に入れてみて下さい。

定番となる煮物の中に加えればいつもより美味しく食べれます。
味付けは煮物を作る時と同じ砂糖・醤油・鰹節です。

日持ちもしますし、お酒のアテとしてもピッタリです。
日本酒などと一緒に食べてみて下さい。

『もへじ ごはんにかけるごぼうと昆布 90g』

野菜を使った調理をするのには手間と時間を要します。
ごぼうを使う場合は、泥が付いているので特に手間取ってしまいます。
夕食の準備後、メイン料理はあるけど副菜が無いと気付く事があります。

そのような場合に重宝するのが『ごはんにかけるごぼうと昆布』です。
水分を切ってからおかずのひとつとして食べると美味しいです。

シャキシャキした食感のごぼうはきんぴらごぼうみたいです。
自身できんぴらごぼうを作るとなると多量となってしまいます。
そのため、何日も食べなければならなくなります。

『ごはんにかけるごぼうと昆布』は90g257円です。
もう少しと感じられるくらいの容量です。
残ったご飯に混ぜておにぎりにすると美味しいです。

『餃子ぬれせんべい』

『餃子ぬれせんべい』はカルディ商品の中でも人気があります。
本物の餃子と同じようにニラやキャベツが入っています。
また、餃子そのものの形もしています。

おやつ感覚で食べれますが、目を瞑って食べるとまさに中華料理です。
辛味のある餃子といった感じです。

普通のぬれせんべいと比べると固めです。
グリルで炙る事で餃子そのものの香りが漂います。
本物と同じ香りを嗅げば食欲がグンとアップするはずです。

辛いので冷えたビールにピッタリです。
おかずにはならずとも小腹を満たすにはちょうどいいと言えます。

餃子ぬれせんべいは257円です。
カルディでは輸入食品の他に日本各地の名物が売られています。
小旅行をした気分を味わえるのです。

餃子そのものの味がする

まとめ

カルディのお店に行った事のある方もいると思います。
輸入品の他にも、日本の商品も豊富に揃っているのです。
珍しい商品を眺めたり購入して味わう事ができます。

今回の商品は、静岡・茨城・宮崎・栃木で買えるようになっています。
インターネットサイトで探せば欲しい商品が買えるかもしれないです。

毎日の食事を用意するのはメニューを考えるだけでも大変です。
夕飯のおかずに一品加えるだけで、いつもと異なる食事を楽しめます。